top of page
2.jpg

sensing drone

investigation/variable fertilization

multispectralカメラ

​太陽光や照明の光、また、その光が農作物や物体などに当たり、返ってくる光のことをマルチスペクトルと呼びます。人の目で見える可視光線の波長帯の電磁波だけでなく、紫外線や赤外線、遠赤外線などが該当し、人の目で見えない不可視光線の波長帯の電磁波も記録されます。このスペクトルを観測することで農作物(植物)の生育状況を調べることが可能となる技術です。

NDVIによる解析

生育状況(光合成能力)の解析は、マルチスペクトルカメラで撮影したデータを活用して数字または色として再現できるNDVI(正規化植生指数)データを使用します。異なる季節や日時で撮影することで、NDVI画像を比較することにより、生育状況などを把握できます。

rere.jpg
mi.png

ドローン活用のメリット

近年、マルチスペクトルカメラは小型化やドローンとの一体型などにより、ドローンに搭載して活用することが可能になりました。広大な耕作地であってもドローンであればエリアを指定して自動航行させることができるため運用は非常に容易となっています。撮影した圃場データを農業ドローンにアップロードする事で可変施肥を容易に導入することができます。

Products handled

取扱製品

こ.png
180380d187f12795c2a585bce6a9fc77.png
logo-home-header.png

センシング関連機材(ドローン・multispectralカメラ・解析ソフト)の運用は専門的な知識が必要となります。
導入をご検討の方は事前にご相談ください。価格や納期についてはお問い合わせください。

bottom of page