グラデーションパープルブルー

基本から応用まで。農業ドローンを学ぶ。

UTCロゴ-7.png
Unmanned Aerial System Training Center

新型コロナウイルス感染症の対応について

株式会社フリーパーソンでは、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、お客様、関係先、従業員等の皆様の安全・安心を第一に考え、政府指導に基づいた対応を実施してまいります。ドローンライセンス教習やデモンストレーションのご案内、関連施設の営業時間などに関して一部変更になる場合がございます。何卒、ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

 

UTCとは

UTC(Unmanned Aerial System Training Center)は、民生用ドローンと空撮技術で世界をリードするDJIによって設立されたドローンの産業パイロット教育・訓練機関です。UTCはワンストップのトレーニングサービスを通じて、各産業界向けのドローン教育プログラムを開発・提供しています。 2016年から中国、そして2017年からは香港(中国)、台湾(中国)、マレーシアで運用開始し、日本では2018年9月1日よりサービス提供を開始しています。

ワンストップの教育サービス

UTCが提供する各種サービスは、個人、企業のお客様のご利用が可能で、基本的な飛行訓練、産業アプリケーション、認定試験、認定証の発行を含み、操縦士や企業がドローン運用の安全性、効率性、業務品質を体系的に向上させることができるトレーニングサービスです。2016年より開始したDJI CAMPは、2018年9月よりUTCトレーニングサービスの1つとなります。

ジャパンアグリサービス四国ロゴ.png

ジャパンアグリサービス四国について

農業用ドローンの販売、運用に必要な講習、メンテナンスをトータルで行っております。ジャパンアグリサービス四国では散布業務を長年経験してきた専属オペレーターが教官を務めています。農業ドローンの基礎から農薬、運用面まで他では学べない価値のある講習を行っています。機体販売ではDJI農業ドローンを主に取り扱っております。販売後のアフター点検・修理も行っております。

※ジャパンアグリサービスグループは全国19拠点にある(一社)農林水産航空協会指定教習団体です。詳しくはこちら

​FLOW

ライセンス取得まで

 

カリキュラム

DJI農業ドローンオペレーター認定講座カリキュラムでは初心者向けと経験者向けの2つの通常カリキュラムが御座います。またジャパンアグリサービス四国では通常カリキュラムに加え、運用面を強化する強化カリキュラムもご用意しております。カリキュラムの詳細は弊社までお問い合わせください。

 

​■基本

学科講習15時間・実技講習22時間

初心者向けのトータル5日間の講習カリキュラムで構成されます。

■経験者

学科講習15時間・実技講習15時間経験者向けのトータル4日間の講習カリキュラムで構成されます

■強化

基本または経験者カリキュラムに加え運用強化講習が1日間追加されます。カリキュラムはお客様の運用目的に応じて異なります。

※強化講習は既にライセンスを取得されている方でも受講可能です。詳しくは弊社までお問い合わせください。

5b90be3ca8cd3_edited.jpg
UTCライセンスカード デモ.png

※カリキュラム受講・試験合格者には認定証及びライセンスカードが発行されます。

 

料金について

DJI農業ドローンオペレーター認定講座受講費用につきましては弊社まで直接お問い合わせください。受講人数やカリキュラムに応じて料金が異なります。内容に応じてお見積をさせて頂きます。

受講場所について

DJI農業ドローンオペレーター認定講座は下記の場所にて実施しております。

 

よくある質問

講習受講に伴う資格・条件は御座いますか?


年齢:満16歳以上(性別問わず) 視力:両眼で0.7以上 読み書きができ、内容が理解できること、操縦に支障を及ぼす身体障がいがないこと。




県外からの受講は可能ですか?


可能です。宿泊や交通費等はお客様にてご負担ください。




同時に複数人受講したいのですか何人までご対応可能ですか?


【基本・経験者の場合】 最大人数を5名様までとしております。 【強化講習】 1組様または1名までとしております。




強化講習とは具体的にどの様な講習ですか?


一般的な農業ドローン講習は基本的に水田防除を主としたカリキュラムとなっております。また基本的な座学・技能講習の受講だけでは実務運用は困難だと弊社は考えます。 弊社が行う強化講習ではお客様の利用目的に応じた講習を行います。 受講者には水田ではなく果樹や樹木など他品目でのご利用をご検討されている方もいらっしゃいます。弊社はこれまで水稲をはじめ麦・野菜・果樹・柑橘・樹木と幅広いシーンでドローン防除を実際に運用してきております。 また使用する薬剤の種類や剤形に適応する為の試験や運用を行なっております。 強化講習ではできる限りお客様の要望に沿った内容でカリキュラムを構成し、運用を現実的にすることを目的としています。
その為、受講者の人数制限を設けており、基本的にはマンツーマン指導(個人・企業・団体様に対し)を行なっております。




購入予定の機体がまだ決まっていない状態でも受講しても意味はありますか?


機体を選ぶ際、全て販売店の言いなりで購入する事はお勧めできません。 ご自身で理解し判断する事が大切です。 初めて農業ドローンを運用する方は当然ですが、判断する基礎的な知識や経験が不足しています。ライセンス講習を受ける事は知識や経験の習得にも繋がりますので機体購入と必ずしもセットでご検討する必要はないかと考えます。
弊社では様々な機種をご用意しておりますので、是非実際に機体を見てご検討ください。




農業ドローンを導入した事業を計画しています。相談に乗って頂けますか?


弊社もお客様の立場と同じ条件で現在の事業を初めております。 販売だけを行なってきた訳ではありません。 事業化にあたり必要な事が何であるかは十分理解しています。 お客様の事業計画に少しでもお力添えができれば幸いです。 お気軽にご相談ください。




飛行に不安があります。怪我や事故は実際に起こるのでしょうか?


ドローン事故の大半は人間のヒューマンミスが原因です。不安定でまともに運用できない機体を選ぶ事はないかと思いますが、安定した機体であっても事故は発生します。 事故を起こした後では何故事故が起こったのかを知る事はできますが、怪我や物を破損させて後では意味がありませんね。事故を未然に防ぐ方法はたくさんあります。この様な対策は本来なら経験者が現場で経験し学ぶノウハウの一つです。 弊社では受講者の技術向上を優先するよりも、いかに事故を起こさずに運用できるかにといった事を最優先として講習しております。飛行技術は飛行経験と共に向上します。努力は必要かと思います。




機種拡張とは何ですか?


現在(2021年10月1日時点)DJI農業ドローンオペレーター認定講座で取得可能な対象機種は以下の通りです。 MG-1/T10/T20/T30 取り扱う機種か増える場合、対象の機種を追加登録する必要があります。(機種拡張) これに伴う講習が拡張講習になります。 他社様にて受講されたお客様でも弊社にて機種拡張講習を受講する事が可能です。





 
 
グラデーションストリップ

​農業ライセンスを取得する

​農業ドローンライセンスを取得をご検討の皆様へ。弊社担当スタッフより講習受講の詳細やお得な情報をご連絡差し上げます。下記の申し込みフォームより必要事項をご入力のうえ送信ください。ご返信は3日以内にご指定のご連絡方法にてご連絡差し上げます。